カテゴリ IT-ソフトウェア技術者

検索結果 : IT-ソフトウェア技術者

(合計: 164 )   1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9
(合計: 164 )   1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

求人検索

IT-ソフトウェア技術者

Webメディア現在では多くの企業が何かしらの情報共有システムとして活用しています。市場規模もさることながら、世界を繋ぐグローバルな規模で活躍できる職種といっても大袈裟ではありません。Web系にはクライアントへ企画営業を行い、予算取りや納期の設定、納品後のプロモーション活動を担うWebプロデューサー。実際制作する上での現場監督の役目を担うWebディレクター。プロデューサー同様管理運営を行うWebマスター。それ以外にもWebデザイナーやWebプログラマーなど、業務は多岐に渡ります。必要なスキルは、Webの制作工程を熟知していることはもちろんのこと、現場を指揮する統率力や、スタッフとのコミュニケーション能力、クライアントと意見をすり合わせる折衝能力などが求められます。 SEやプログラマーが作ったシステムやネットワークの運用、管理、監視を行う職種です。機能障害が発生したさいは、迅速な対応をとり、問題解決をしなければなりません。知識と経験がものをいう世界です。企業の募集条件に、経験が必要なことが多いため、運用、監視の職種に就きたい方は、早期に就職されることをおすすめします。将来的には、ITコンサルタントなど、ITのプロフェッショナルとして活躍することが可能です。自分で起業することもできますし、世界で活躍できる能力を得ることができます。一方、SEやエンジニアといった、「作る」職種への変更も可能なため、ゆくゆく、自分はどんな仕事をしたいのか、ということも常に考えておくことが大切です。 自社内に設置されている部署で、コンピューター関係のトラブル解決、企画、改善を行います。社内でパソコンを使っている従業員がトラブルに遭った際のヘルプデスクとしての業務もあり、コンピューターの知識がない従業員に対しても分かりやすく指示しなければなりません。メイン業務は社内システムの効率化を常に模索し、企画を通して研究開発に取り組み、保守運用、改善、そして新たな企画となります。求められるスキルは企画能力やプログラミング技術ですが、常に複数の案件を抱えることになるので、処理能力と管理能力も必要となります。通常はプログラマーで経験を積んだあとに、キャリアアップする職種の位置づけなので、大手企業の管理職ともなれば、開発チームを率いる監督の役目を担うこともあります。
ご応募はこちら